会社案内

  • 会社概要
  • 沿革
  • 納入先

沿革

History

1957 大阪府豊中市において『エアーマイクロメーター』の製造を目的に資本金100万円で大阪精機株式会社を設立
1958自動計測用エアーマイクロメーターを開発
1959電気マイクロメーターを開発
1959自動測定選別機の製作を開始
1961大阪府池田市に本社、工場を移転
1962玉軸受超仕上盤の開発、製造を開始
1965玉軸受超仕上盤を開発
1968NCマシンを導入、多品種少量生産の合理化を推進
1968池田市に東山工場を建設
1976コンピュータ制御による自動計測機第1号を開発
1977名古屋営業所を開設
1981コンピュータCRT表示による自動計測機第1号を開発
1982伊丹工場を新設
1982NC制御による玉軸受超仕上盤を開発
1986池田市豊島南に新社屋を建設、移転
1989シリンドリカル&テーパーローラー溝面超仕上盤第1号機を開発
1990社名をダイセイ株式会社に変更
1992デフキャリア自動測定組付機を開発
1997小径用玉軸受軌道面2軸2段加工超仕上盤を開発、CE認証取得
1997ドットマーキング式刻印機 Grade Marker(グレードマーカ)を開発
1997小中径用玉軸受軌道面2軸2段加工超仕上盤を開発
1998極小玉軸受軌道面超仕上盤を開発
2001液晶用薄板ガラス切断機を開発
2001HUBユニット円錐軸受軌道面超仕上盤(立型機)を開発
2001大型玉軸受軌道面超仕上盤(立型機)を開発
2002HUBユニット玉軸受軌道面超仕上盤(立型機)を開発
2003CVTサブアッシー用自動測定機を開発
2004極小玉軸受軌道面超2軸2段仕上盤を開発
2005中径用玉軸受軌道面2軸2段加工超仕上盤を開発
2005ドットマーキング式刻印機 Grade Marker T05(グレードマーカ T05)を開発
2006汎用型自動測定刻印機を開発
2007Ele-Mic RoHS対応機を開発
2007大型(ワーク外径Φ800)円筒・円錐・クロス軸受内外輪軌道面立型超仕上盤を開発
2008超大型(ワーク外径Φ1600)玉軸受内外輪軌道面立型超仕上盤を開発
2008ISO9001、ISO140001 認証取得
2008超大型(ワーク外径Φ1600)球面コロ軸受(内輪W溝)両ツバ及び軌道面同時超仕上盤を開発
2009ドットマーキング式刻印機 Grade Marker R06(グレードマーカ R06)を開発